電子タバコメンテナンス講座「コイルの寿命と交換時期」

電子タバコは基本バッテリーを充電すれば繰り返し使えます。
後はリキッドがなくなったら足していけばOK?

他にメンテナンスとかで消耗品などないのか?

いや実はリキッド以外にもVAPEには消耗品の部品があります。

アトマイザーのコイルは消耗品

初心者の方が購入するようなVAPEのアトマイザーには下記の写真のようなコイルという部品がついています。
41xobpoyFHL._SY300_

実はこのコイルが消耗品なのです。

VAPEの仕組みがこのコイルについているウィッグという紐のようなものでリキッドを吸収してバッテリーからコイルに熱を与えてウェッグに染み込んだリキッドを蒸発させて蒸気にして煙を出します。

毎日毎日熱を加えているとこのコイルの部分のウィッグなどがだんだんと焦げてきてしまうんです。

そうなるとリキッドの色が変わったりして、味も不味くなり煙の量も減っていきます。

あれ?ちょっと味がおかしくなったなー・・・

こう感じた時はコイルの寿命で交換時期かもしれません。

コイルの種類は

基本的にコイルは下記の2つがあります。

トップコイル

41xobpoyFHL._SY300_

トップコイルの特徴はウィッグが長く、アトマイザーが上部の方につけるタイプになります。
人気のX6(クロスシックス)もトップコイルです。

最近は次に紹介するボトムコイルが主流になりつつなります。

ボトムコイル

img65568439

アトマイザーの下部につけるタイプです。
ウィッグもトップコイルに比べると非常に短いタイプになります。

最近の主流にもなっておりこっちの方がリキッドの味を美味しく吸えると言われております。

コイルの交換のタイミングは?

コイルの交換するタイミングについてはだいたい1ヶ月前後と言われております。

ただ消耗が早いコイルもあり最近発売されたAtlantisという爆煙仕様のアトマイザーはガンガン吸うと一週間くらいという噂も^^;

交換のサインとしては下記の3つですね。

・煙が少なくなった
・味が焦げっぽくなった
・リキッドの色が茶色っぽくなってきた

このあたりについてはかなりの個人差があります。

上級者で味の変化に早く気づく方もいれば、味の変化などをあまり感じない人もいます。

基本的に味がこげっぽくなったり、リキッドの色が変化したら交換をオススメします!

コイルの価格は?

コイルの価格は商品によってかなり差があります。

1個200円くらいから高いものだと500円くらいまであります。

コイルはアトマイザーのメーカーなどによって種類が違うので購入の時は注意して下さいね。

爆煙仕様になればなるほどコイルの消耗も早くなおかつ高くなりますので、車でいうところの低燃費なマシンになります。

アトマイザーを購入する時はアトマイザーの金額以外にもコイルの金額をチェックするして下さいね。

おまけ 初心者がよくコイルをダメにする失敗

最後に初心者の方がよくやってしまう失敗を一つ紹介します。

これをやると一発でコイルの寿命がきます。

それはリキッドを注入してから時間をおかずに使用することです。

私もこれやったことあるんです^^;

これをやるとウィッグが乾いた状態で熱を与えてしまうので、ウィッグが焦げてしまい一瞬でコイルが死亡します。

一回やるとコイルを交換するまでずっと焦げた匂いと付き合うことになりますので、最初はリキッド入れてから最低でも10分くらいはおいて、ウィッグにリキッドがちゃんと染みこむのを待ちましょう。

コイルの購入はこちらから


VAPE COLLECTION
Aspire、SMOK、KangerTechなどの人気商品を取り扱い
人気の国産リキッドをメール便で送料無料

ブログランキング参加中!

良かったら応援よろしくお願いしますm(_ _)m
皆さんのポチが私の元気の源です(^^)

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村


禁煙 ブログランキングへ

コメントを残す



上の計算式の答えを入力してください