RTAにチャレンジ!【Eleaf】LEMO3 RTA(レモスリー )レビュー

img_8799こんにちは! まっつーです!

今回は、RTAとしてもクリアロとしても楽しめるLEMO3をレビューしていきます。
RTA初心者の方に是非挑戦していただきたいアトマイザーに仕上がっています。 早速みていきましょう。

外見

img_8772
黒を基調とした、箱に収まっています。
パッケージ上には ”CHANGEABLE” RTAとプリペイドコイルを使用できることが表記さてれています。

それでは内容物を見ていきましょう。

内容物

1×LEMO3アトマイザー (RTAベース装着済み)
2×クラプトンコイル
1×アトマイザーヘッドベース
1×ECL 0.3Ωコイル
1×EC NC 0.25Ωコイル
1×ガラスチューブ
1×ピュアコットン
1×工具
1×ドライバー
6×ネジ
1×シリコンリング
1×ユーザーマニュアル
となっています。

~豊富な付属品たち~
img_8773
実際には、小さなOリングが3つ入っています。
これは右上の注意書きのようにコイルに取り付ける為のものです。
コイルを交換する時は、捨ててしまわないように注意する必要があります。

そして、付属品最大のポイント
セラミックピンセットが入っています。
なんだか得した気分になるのは私だけでしょうか?
根本の部分は、アトマイザーの蓋を開けるときに使うツールにもなります。
私も、この部分に何度か助けられました。

LEMO3を分解してみます。
img_8774
この様に全分解が可能で、気になる細部まで洗浄することができます。

ビルド

それでは、まずRTAからビルドしていきましょう。

デッキはこんな感じになっています。 かなり開口部は大きくクラプトンワイヤーもらくらく挟めます。 エアホールは下面を貫くように配置され、かなり大きく取られています。

img_8776

せっかくなので付属のクラプトンコイルを使用します。

img_8782
約0.5Ωに調整されているようです。

img_8784

img_8785

コットンはこのくらいでカットして、軽くリキッドをドリップしておきましょう。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

チムニーをかぶせて、ネジを2カ所を閉めます。

ちょっとわかりにくいですが、ジュースホールにコットンの隙間がなければ大丈夫です。

img_8788 img_8789

本体を組み立てて、リキッドを入れます。

今回はテスラStealth 100Wに装着してみました。
ぎりぎりですが、ちゃんとエアフローもコントロール出来ます。
このコンパクト感いいですよね。

それでは実際に、試したいと思います。

お、クラプトンならではのリキッドが流れ込んでくる感があっていいですよ。
エアフローコントロールは全閉でもソコソコ吸える感じですね。

 

クリアロモード

次に、プリメイドコイルを試してみましょう。

このOリングを忘れず取り付けます。

img_8804

img_8805

プリペイドコイルデッキにするとこんな感じになります。

それでは60W掛けで吸ってみましょう。

img_8807

エアフローは全開だとかなりスカスカですね。 私の好みは2/3絞ったあたりです。

やはりNCコイルも美味しいですねー。

RTAと比べるとやはり、味の広がりと言いますか厚さは若干減ってしまいますが悪くないです。

 

まとめ

RTAとプリペイドコイルの切り替えの関係で仕方ないのですが、ネジの多さが気になりました。
しかしながら、RBAユニッタイプのアトマイザーに比べて多少面倒ではありますが、このおかげで広々としたデッキを確保でき、大型コイル設置や初心者でも比較的容易にビルドができるようになっています。

うまくビルドが出来なくてもベースを交換することで、クリアロとして使えるという点も初心者にとって、安心できるポイントになるのではないでしょうか?
ぜひ、このアトマイザーでRTAにチャレンジしてほしいですね。

IMG_8491

この記事を書いた人

まっつー
まっつー
・肩書:電子技術屋Vaper
・VAPE歴:1年
・好きなMOD:SXmini
・好きなアトマ:nectar nano
・好きなリキッド:Ripe Vapes VCT
・一言:技術屋Vaperとして頑張ります!


VAPE COLLECTION
Aspire、SMOK、KangerTechなどの人気商品を取り扱い
人気の国産リキッドをメール便で送料無料

ブログランキング参加中!

良かったら応援よろしくお願いしますm(_ _)m
皆さんのポチが私の元気の源です(^^)

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村


禁煙 ブログランキングへ

コメントを残す